2020年07月02日

第2回定例会を終えて=コロナ対策求める=

5月28日に開会となった名寄市議会第2回定例会は、6月19日まで23日間の審議日程を終えて閉会しました。
今回の定例会では全議員18人中、15人の議員が一般質問に立ち行政の考え方をただしました。
さくま誠も、6月17日4人目の質問で登壇し、コロナ感染症対策で「圏域の対策」「市民不安を解消するための情報公開のあり方」「保健所の慢性的な要員不足の解消」「職員の感染防止対策」「名寄市立総合病院と他の医療機関との機能分担」など、幅広い視点からこの問題を取り上げ、「名寄市は現在まで感染者0ではあるものの、油断することなく今から様々な準備と対策を講ずるべき」と求めてきました。
都市部とは状況の異なる地方においては、医療資源も脆弱なことから圏域をあげてコロナ禍に対応していかなければなりません。
21世紀最大の試練を、市民の皆様をはじめ、道北圏域にお住いの住民の皆様と共に知恵を寄せ合い、協力し合って乗り越えて行きたいと考えています。
posted by makoto at 11:27| 日記

2020年02月29日

コロナウイルスへの対応

コロナウイルスへの対応 まず、手洗い。咳エチケット。そして、人ごみを避ける。
名寄市は令和2年2月25日に「名寄市感染症危機管理対策本部」を設置した。
市長を本部長に、副本部長は副市長、教育長、本部員は各部長、病院事務部長、大学事務局長、消防署長。事務局は、保健センター所長、及び主幹。
当面の取り組み
(1) 市民への感染予防対策の周知について @市のHP、広報、新聞各社の協力による情報発信。A幼児教育、保育、高齢者、障がいの各施設や学校への注意喚起―高齢者が重症化する状況にあることから、利用者、職員の感染予防対策はもちろん、各施設には面会者の面会制限の対応。

(2) 名寄市内で開催される各種イベントや会議等の対応について @市又は教育委員会の主催や共催、実行委員会の事務局を担っている事業への対応について―イベントや会議などの開催予定(3月から6月分)の調査を行い、開催の判断については、必要に応じて庁議において協議。A民間団体などが主催するイベントや会議等についての対応―基本的には各主催団体の判断により決定。
主催団体からの相談があった場合は、相談を受けながら状況により庁議等でも協議し助言。
*相談 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続き強いだるさ、息苦しさがある時 
☆「帰国者・接触者相談センター」    01654-3-3121(名寄保健所)平日対応 8:45〜17:30
☆北海道保健福祉部健康安全局地域保健課 011-204-5020 平日17時半〜21時 土日祝 9:00〜21:00
☆厚生労働省相談窓口          0120-565653  土日祝も含む 9:00〜21:00
※聴覚に障害がある方、電話でのご相談が難しい方は厚生労働省Fax(03-3595-2756)で。
posted by makoto at 14:30| 日記

2019年07月01日

市民との意見交換会

■議員2班体制で市民の皆様との意見交換会を行います。
・7月25日13時30分 市民文化センター (A班)
・7月25日18時30分 名寄市立大学図書館(A班)
・7月25日18時30分 風連地域交流センター(B班)
・7月26日13時30分 駅前交流プラザ「よろーな」(B班)
・7月26日18時30分 名寄東小学校(B班)
・7月26日19時00分 智恵文多目的研修センター(A班)
班編成≪A班≫東千春、倉澤宏、高橋伸典、山田典幸、東川孝義、黒井徹、遠藤隆男、富岡達彦、三浦勝秀
≪B班≫佐藤靖、塩田昌彦、高野美枝子、川村幸栄、山崎真由美、佐久間誠、清水一夫、五十嵐千絵、今村芳彦
※お近くの会場に、友人・知人お誘いあわせの上おいでください。市民の皆様の議会に対するご意見をお伺い致します。
posted by makoto at 10:52| 日記