2016年04月29日

第87回名寄地区メーデー

4月28日、午後6時から名寄市役所駐車場を会場に第87回名寄地区メーデー大会が開催され参加しました。
東実行委員長の主催者挨拶のあと、来賓の佐々木隆博代議士の挨拶をうけ、続いて市民連合凛風会の熊谷会長が推薦議員団を代表して、メーデー開催に当たってのお祝いの挨拶を行いました。
この日は1日を通して晴れていたものの、夜は少しずつ冷え込み、翌日は天気予報があたりちらちらと雪。
まだまだ北海道は油断できません。IMG_0856.JPGメーデー行進

メインスローガンである「支え合い助け合う心をひとつに力を合わせ、暮らしの底上げを実現しよう!」が読み上げられ確認され、その後プラカードコンクール審査結果の発表と表彰が行われました。
「安全保障関連法の廃止を求め、暮らしの底上げの実現、第24回参議院選挙必勝に向けた特別決議(案)」「メーデー宣言(案)」の採択の後、市内をデモ行進しました。<a href=IMG_0888.JPG行進.JPG
会場となった駐車場は、元の市民会館の跡地だったところ。昨年までは市民会館を使っており、屋外集会はかつて・・数十年前・・南広場で開催されていた記憶があります。「この集まっている人の中に、何人南広場を覚えている人がいるかなぁ〜」当時は、参加者も広場狭しといて、みぞれの中で震えながら集会に参加したことが懐かしく思い出されました。行進では寒さをしのぐために先輩がこっそり準備した焼酎がどこからともなく回ってきていただいたことが懐かしくよみがえってきました。
今年で87年。若き労働者たちが、細くなったとはいえ脈々と歴史を引き継いできてくれていることに万感の思いでもありました。IMG_0897.JPG後ろの行進.JPG


posted by makoto at 14:43| 日記