2018年11月30日

増毛駅視察(名寄市議会経済建設常任委員会)

経済建設常任委員会視察   日時 平成30年10月3日
1・視察先  増毛町
2・調査事項 地域ブランド形成プロジェクトについて
3・視察者  経済建設常任委員会
4・増毛町出席者(8人)
       掘町長、佐藤議長など8名の皆さんが対応いただきました。
【増毛町の概要】
■増毛町は人口4,297人、面積369.71km。北海道西海岸日本海に面し、昭和30年頃までニシン漁で栄えたが、現 在は近海漁業、水産加工が中心で、他に商業、農業(果樹栽培)、食品工業などがあり、水産業ではエビの 漁獲量が多く、毎年5月には「増毛えび地酒まつり」が開催されている。
■観光では、厳島神社、旧商家丸一本間家、雄冬岬展望台、暑寒別岳、国稀酒造、増毛駅前観光案内所(映画「駅 STATION」ロケ地 s56年)
■大正10年に開業した増毛駅は北海道-樺太間の鉄道・港湾輸送の重要拠点となり、国策に大きく貢献したが、 年々利用人数が減少。留萌線のうち、留萌-増毛間(16.7km)が、落石、雪崩など安全対策経費などの経営環 境の悪化もあり、2016年12月4日の最終運行で廃止となった。
地域ブランド形成プロジェクト
(1)事業実施の経緯及び地域住民との合意形成
廃線を乗り越えて、鉄道遺産を活用するまちづくりとして提出した「地方創生拠点整備交付金事業」に「鉄道廃線の増毛駅舎を活用した地域ブランド形成プロジェクト」が採択されスタートした。(2017年2月)
(2)事業概要
・増毛駅舎の増築と広場整備⇒合理化で減築された増毛駅の復元。
 歴史、文化、観光等に関する展示、PR、交流拠点等に活用。
 事業経費:7,198万円(うち地方創生拠点整備交付金3,599万円)
・増毛駅のシンボル化事業⇒終着駅の増毛駅の歴史、賑わいの歴史を繋げる
 シンボル塔(7m)「テルミヌスヘの願い」制作。(彫刻家 五十嵐威(たけ)暢(のぶ)氏作)
 事業経費:650万円(うち地方創生拠点整備交付金325万円)
・地域ブランド形成プロジェクト⇒地域ブランド創造にむけた資源の発掘、観光ガイド養成、歴史文化資産の再 発見を狙いとしたセミナーの開催。
 事業経費:288万円(うち地方創生拠点整備交付金144万円)
 開催事業:「歴史文化資産を活かしたまちづくりを考える」セミナー
 駅の歴史を学ぶ 観光ガイド養成講座
 JR留萌本線 留萌-増毛間写真展
(3)事業の今後の課題と展望について
 2018年の駅舎増築後の取り組みとして
・完成記念 倍賞千恵子講演会(4月15日)
・オ-プニングセレモニーの開催(4月22日)
※100人 ロングテープカット、記念撮影、青年部協働隊によるトロッコ体験
・廃線路を歩く健康ウォーキング(5月22日)
・ましけ春の味まつり(5月26日、27日)など、多くの来場者を得て開催されており、賑わいを見せている。
(4)交流人口の拡大と賑わい創出の具体策と現状について
 ・入込客数は30万人/年を目標としている。
 ・若い人たちへのアプローチとして「婚活」の実施。…3回やり、札幌などから女性が参加。また、「アップ  ルパイ」などお菓子の評価が高い。…原価に難あり。
 ・国稀酒造に、新しい蔵を(2017年)つくり試飲などできるようにしている。…留萌振興局などの応援。
 ・増毛の人気寿司店は、地元の人は混んでいて食べられないほど。
 ・札幌から2時間、羽幌から60kmの位置にあり、「秋の味まつり」には大型バスで12台、「春の味まつり」に  は大型バス30台が来町。
  冬にどのようにお客さんに来てもらうか、「冬の食」が研究課題。
(5)町外からの人や町民の皆さんの意見について
 ・ふるさと納税
 JR留萌本線の留萌-増毛間の廃止に伴う報道などもあり、ふるさと納税は
 平成26年度1億2000万円、27年度4億7000万円、28年度5億、
 29年度5億5000万円と、町外の方に応援いただいている。
 今年は、総務省の返礼品の指導もあり、納税額を上げたことから、3億円ほどに。
 ・札幌や東京の京急百貨店で増毛産の果物をPR。
 ・三越デパートではB級グルメとして「タコザンギ」果物のPR。
 ・セイコーマートと連携し、増毛産洋ナシを使った製品の検討。…人間関係を活用しつながりを広げて行って  いる。
 ・オ-プニングセレモニーの町民ら100人によるロングテープカットなどは「町長、何かやろうや」との街の  青年らからの話で企画され、青年部協働隊の協力を得ながら「トロッコ試乗会」も行われ大勢の方が参加  している。
 ・クラウドファンティングによる旧増毛小学校の屋根のふき替え。また、旧富田屋の修繕は寄付により、町  民自ら景観保持に協力してくれている。

(6)考察
JR留萌線(留萌-増毛)の廃止という街にとって大きな痛手から、どのように街を再生して行くか、大変な課題と向き合いながら、懸命に努力されている姿に触れることができました。
増毛町が築いてきたこれまでの歴史や自然、育んできた文化、人間関係など、増毛町のもつ多くの財産を活かし、いわば「逆転の発想」で、鉄道廃止後に駅舎を再整備し、街の衰退を食い止める試みであり、「地域ブランド形成プロジェクト」で、映画「駅 STATION」の舞台となった「増毛駅舎」を増築、周辺環境を整備し拠点化することで、中心市街地を活性化させ、これまで以上の賑わいを作り出そうという意気込みが伝わる取り組みがされていました。
山があり、果樹園があり、海もあるという自然環境に恵まれている増毛町ですが、そうした環境に甘んじず、上記のように様々な努力がされ、駅前を中心に散策コースや桜の植樹なども手掛けたいとのことで、そうした取り組みから、増毛町全体の魅力向上につとめたいとのお話を伺いました。
果樹園のことでは、「他とは違う、こだわった商品をつくり、いかに買ってもらうかここが最大のテーマです」とのお話や、増毛町の課題としてあげられたのは「健康づくり」であり、地域がら塩蔵文化により、血圧による脳疾患が多い事、介護保険料も高い事などから、血圧を下げるため減塩の「増毛醤油」を開発したとのお話も伺いました。「必要は発明の母」「窮すれば通ず」という言葉があるように、増毛町の様々な取り組みを融合させながら地域ブランド形成に努力されている点などを学ばせていただいた有意義な視察でした。堀雅志町長をはじめ、佐藤善一議長、企画担当の職員の皆さん、議会事務局の皆さんにお忙しい中、貴重なお話を頂きましたことに心から感謝申し上げます。(文:佐久間 誠)
posted by makoto at 11:40| 日記

2018年08月29日

経済建設常任委員会現地視察

8月22日に「平成30年 経済建設常任委員会 現地調査」として経済建設部所管の調査を行いました。
今年は、@廃用牛肥育事業について、A雪堆積場について、B水稲成育状況について、C風連中央小学校校舎 屋内運動場等改築事業について名寄市内の各関係箇所を回り、現地の状況を見させていただきました。

❶廃用牛肥育事業では、名寄天牛〔なよろあまうし)として地域ブランド牛開発の取り組みを進めている函名TPファーム(株)〔名寄市日進地区〕を訪ね、加藤工場長代理、山本業務課課長の両氏から概要の説明を受けました。
平成29年から始められたこの事業では、搾乳の終えた廃用牛を120頭から150頭施設で引き取り、4ヶ月間オレイン酸の豊富なエゴマを混ぜた飼料を与えて肥育し、およそ120キログラムほど太らせ「名寄天牛」として出荷しています。個体による差はありますが、550kgほどの牛が650kg〜750kgほどになるとの説明があったのですが、入荷したてのものは腰骨の出た、痩せている牛が、出荷間近のものを見せていただくと丸々と太っていました。3IMG_3609.JPGうし.JPG
こうして月に20頭〜30頭ほどをさばくとの事で、価格帯は廃用牛(挽き肉)とホルスタイン雄去勢牛の中間価格帯を目指しているとのことでした。IMG_3619.JPGえごま.JPG
函名TPファームの日進の施設とともに、酪農を辞めるという農家の方にお願いして、40頭ほどの牛を飼育していただいているとのことで、搾乳の手間を省き、肥育のみの仕事づくりにもなっています。
この地域の酪農家の離農に伴ない、牛の個体数が減少していることもあり、廃用牛肥育により付加価値を高め、余すことなく牛を活用する取り組みでブランド化を図っていこうという取り組みです。
加工した牛肉は、北海道の量販店、及び全国メーカー、問屋等に販売されており、一部は原料としてハンバーグ、ローストビーフ等に加工製造され販路拡大が進められています。
天の牛(天塩川、天文台、天文字焼きで有名な名寄で飼育された牛)、甘の牛(肥育により肉質を改善させた牛)亜麻仁の牛(アマニ由来の飼料により育てられた牛)などの意味あいを持たせ「あまうし」と名付けられたそうで、将来的に500頭の飼育、月100頭の出荷を目指しています。
名寄市の特産品として、多いに期待される事業であり、今後も注目していきたいと思います。
❷雪堆積場の整備
冬の除排雪シーズンに困るのが雪の堆積場。排雪作業が効率よく進むように、市街地近くに空き地を確保するよう議会でもこれまで求めてきましたが、平成29年度第3回定例会の補正予算で土地購入金額を承認して、市内西16南9丁目に6801平方メートルの土地を購入、砂利を敷き詰め転圧、整備され、今冬から雪堆積場として活用される事になります。ダンプ約3000台ほどの堆積が可能になる事から、近隣の排雪作業はグンと能率が上がる事が期待されます。IMG_3621.JPG堆積場.JPG
❸水稲成育状況について
農業振興センター太田所長にお話しを伺いました。
春以降、天候不順の今シーズン。農作物の成育状況が気になるところです。
水稲の成育状況を見るために、風連瑞生地区今村さん方にお邪魔しました。
ここでは飼料用米、酒米を作っており、名寄地区ではまれな作付けをしています。現在の生育状態を確認する事ができました。
やはり、天候不順が影響して遅れ穂が出ているとのことで、収穫時期の見極めが難しいとの説明がされました。2IMG_3631.JPG水田.JPG
➍風連中央小学校改築状況
平成29年6月から始まった風連中央小学校の建設事業ですが、着々と工事が進んでおり、現在、進捗率61%までになっています。
敷地面積37,819u、校舎、屋内運動場、渡り廊下を合わせた延べ面積4,887u、建築面積5306uの地上1階鉄筋コンクリート造り。これまでに延べ15000人工が工事に携わっています。工事総額20億2262万4000円。
2018年11月15日までの工期となっており、完成が楽しみです。2IMG_3641.JPG中央小.JPG
3IMG_3646.JPG中央小.JPG ※教室の内部には名寄産カラマツ材も使われている
posted by makoto at 16:04| 日記

2018年06月03日

憲法講演会開催される  2018/05/27

暑すぎず、寒くもなく…丁度良い日和に恵まれた5月27日、名寄市民文化センター多目的ホールで上田文雄弁護士(前札幌市長、道央法律事務所)と畑地雅之弁護士(旭川市あかつき法律事務所)を招いての「憲法講演会」が開かれました。憲法講演会実行委員会(代表委員:奥村英俊名寄市議、熊谷吉正名寄市議、佐久間誠名寄市議)の主催で、200名余りの市民が参加し、第一部のDVD「9条改憲って何?」(憲法共同センター製作)を視聴し、第二部では、上田文雄弁護士と畑地雅之弁護士の講演&対談。第三部は質疑応答〜会場の市民の声からの三部構成。13時30分から2時間、平和憲法がいかに大切か、現在の改憲の動きがいかに危険なものかについて、熱のこもる時間を参加者一同共有することができました。
憲法講演会は、同事務局長の竹中憲之さんの司会ではじまり、主催者を代表し奥村英俊代表委員から「安倍改憲NOの3000万人署名の成功と、日常生活の中に憲法をどう活かして行くか、講演・対談を通して実りある講演会に」との挨拶を受け、第一部のDVD上映(12分)が行われました。
「9条改憲って何?」のコンパクトにまとめられたDVD上映では、改憲を許すと新しい条文が生きることになり、「国防」と仮に憲法に明記されると、次々と人権抑圧に道を開いてしまう。後方支援による兵站(へいたん)などを担うのは相手に狙われる最も危険な任務であること、元・自衛隊員で軍事研究家の井筒氏によると、ミサイルの迎撃は無理であること、仮に国会議事堂にミサイルが撃ち込まれれば、70km圏域が殲滅(せんめつ)させられることなど、現在の安倍政権が進めようとしている憲法改正の動きが極めて危険な領域に足を踏み入れようとしていることが如実に映し出されました。
第二部の講演&対談では、上田文雄弁護士と畑地雅之弁護士がトークする形で進められ、憲法9条1項、2項の空文化の動きに「恐ろしい提案であり危険」と警鐘を鳴らすとともに、「自衛隊員は雪祭りや阪神大震災などで貢献してもらっている。だが、国を守るという意味合いはちょっと違う」「隊員は志の高い人。国民の役に立ちたい、国土を守りたいと活動している」日常の地域貢献に力を尽くしてくれている自衛隊が、どういう任務を果たすのか?「何をやれるのか、何をやったらだめなのか、どこにも書かれていない。実力行使の限界について、隠してしまっている。」と指摘しました。
また、現在の各政党の考え方として「専守防衛」に大方の一致として落ち着くようになっていた。だが、2015年7月15日の安保法制の強行採決で集団的自衛権を認めたことにより、説明のできない状況になっている。同盟国が攻められた場合でも良いのか、自衛権の発動の限界線があいまいで、日本は自立的判断ができなくなっている。米とタッグを組んで日本の自衛隊が世界で活動する事を国民は望んでいない。安保法制によって自衛隊の役割が拡張された。憲法による規制にほころびができてしまった。専守防衛と言っていたのに、急に世界で活動せよというのは「労働契約法違反」ともいうべきもの。
また、他国から見れば自衛隊は「軍隊」だが、現地の人を仮に殺傷してしまった場合、軍隊の行為だと免責されるが、自衛隊の場合、軍隊ではないわけで微妙な立場に置かれる。法体系から見ると「ブラック企業」そのもの。
自衛隊員の人権を守る、日米防衛のガイドラインが国会にはかられていない。実質的に踏み込んでしまっている日本特有のもの。
米の後方支援として兵站(へいたん)を担うという一番危ない仕事をさせられていることを認めてしまった。
「防衛費」はGNP比1%と5兆円ほどで抑えられていた。憲法9条と矛盾する装備は認められない、必要最小限の「実力組織」と、財務省はこれまで歯止めをかけるなど一定の役割を果たしてきたが、それらが危うくなってきている。
今、軍事費を10兆円にしようと部会で話がされている模様だ。将来の財政が縛られる。国民のために使うべき予算がなくなってしまう。
侵略されたらどうするかとの疑問に対して
皆さんは、署名を集めていて「では、日本が攻められたら、侵略されたらどうするのか?」と問われたことはありませんか。
無抵抗でゼネストにより対抗する、警察力で、必要最小限の抵抗はできる。
「専守防衛」のライン以上のことが起こらないような政治をやっていく事が必要だ。紛争が起こらない様な政府を作る。紛争はどんな時起きるのか?
石破さんは、侵略される原因を何も語っていない。
「武力解決はしない」という国をどうつくるか?
ODAで1.5兆円の予算(今は5千億円)を使い、日本は海外援助で技術を伝えている。そうした国からタマは飛んでこない。
仮想敵国をつくり脅威を煽っている。対話の努力が必要。
日本がやってきたこれまでの戦争は全て「自衛のため」となっている。全て乱用だった。
9条が変わると、人権侵害の情報操作が起こる。国民は、平和の中に生存する権利がある。憲法12条は「自由及び人権は不断の努力によって保持しなければならない」と規定される。あるだけでは守ってくれない。一人一人の努力が必要だ――と、3000万人署名運動の重要性を強調された。

第三部 質疑応答 A氏・街頭で署名を集めていたら意見を言ってくる人が増
えた。宣伝で自衛隊員の命を守らなければならないと言ったら、「自衛隊員は、仕事で入ったのだから『命を守る』というのは変ではないか」と言われた。深い話はできなかったが、国民の意識は変わってきていると感じた。学校で憲法の話をきちんと教えていないのではないか?現代史で原爆のところまでいかないのではないか。教育の役割は大切だ。自衛隊65周年武装パレードの中止を求めて駐屯地に要請文を持っていったが、入り口での対応で玄関払いだった。
B氏・自衛隊65周年武装パレードの通り道の町内会に居住しているが、パンフレットが回ってきた。4枚の写真は戦場そのもの。お金をかけて無料で配布している。

講師まとめ 議論をしっかりしていこう。何もしないのが一番怖い。多様性を認めつつ、悩みながら決めてゆく。それが民主主義だ。
高校生に「戦争ってどうやって始まるんですか」と聞かれた。答えると「じゃあ、戦争ってどうやって終わるんですか?」とまた聞かれ、「話し合って文書交わして、終わる」と答えると「そうすると、最初から話し合いで、文書交わして戦争しない方がいいですね」と語った。こうした視点にきづかされることが多くある。身近な問題から、民主主義を広めていくことの大切さが強調されました。
(感想)
名寄では「憲法講演会実行委員会」が組織されており、立憲民主党、社民党、新社会党、平和フォーラム、連合、高齢者退職者連合などが構成団体となっています。今回は、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」の取り組みを広げるために、5月6日から三回の市内中心部での街頭宣伝を行い、この度の「憲法講演会」開催の運びになりました。
当日の名寄市は、アスパラまつりが開かれており、近隣市では運動会が行われたり行楽シーズンで家族旅行など組み込まれていたり「さてさて、どの程度の市民が集まっていただけるか」…と、気をもんでいましたが、たくさんの方に会場にお集まりいただき、心からお礼申し上げます。
自衛隊基地を抱える名寄市ですから、多くの市民が自衛隊隊員と何らかのつながりがあります。隊員の皆さんの日常的な地域貢献に支えられていますから、訴え方も気を使う訳ですが、やはり「隊員の命や安全を守ってゆく、市民の平和な生活を守ってゆく」そのために私たちは活動を続けて行かなければなりません。嘘やごまかしで自衛隊を戦場に送らせる訳にはいきません。
「多様性を認め合いながら、悩みながら民主主義を広めてゆく」、多いに学ばせていただいた講演会でした。ご多忙のところ、貴重なご講演をいただいた上田文雄弁護士と畑地雅之弁護士に、心からお礼申し上げます。

【文責:佐久間誠  ※メモに基づく要旨であり表現の違い等はご容赦下さい。】
(2018/05/29)


posted by makoto at 16:33| 日記