2018年03月18日

札幌市えほん図書館

市民連合・凛風会 行政視察        2018年2月22日
「札幌市えほん図書館」視察
日時:平成30年2月22日 (木) 午後1時〜2時30分
視察者:熊谷、佐藤、奥村、高野、山崎、佐久間   報告:佐久間 誠
対応者:札幌市えほん図書館 池田章宏 館長
視察項目:「札幌市えほん図書館」について
(1) 開設の経緯について(2)運営の現状と課題について(3)現地視察

1・視察の目的 名寄市の市民図書館も建設から48年経過し老朽化していることから、今後修繕や建て替えについての課題を抱えており、「地方財政」の学習と共に平成28年11月にオープンした「札幌市えほん図書館」を視察してきました。白石区複合庁舎6階に「札幌市えほん図書館」区民図書館、食堂が入っています。えほん図書館はその中のワンフロアーに配置されていました。

2・開設の経緯 
(1) 平成17年6月 第1次札幌市子どもの読書活動推進計画
 家庭・地域・図書館・学校等が協力し、子どもの読書機会と環境整備の取り組みをスタート。
(2) 平成22年9月 第2次札幌市子どもの読書活動推進計画
子供の発達段階に応じた本を楽しむための取り組みを実施。
*生涯にわたる人間形成の基礎を培う幼児期の読書のきっかけづくりが重要。
乳幼児が絵本を楽しみ、学べる場とし、読書活動を通じた子育てに係る人を支援する場とすることに主眼を置いている。
(3)乳幼児の読書活動を推進する専門図書館の必要性
(4)白石区役所建て替えに合わせ庁舎内に賑わい空間を求める市民要望

3・運営の現状 
(1)開館時間 9:00〜17:00 、休館日-毎月第4金曜日。年末年始(12/29〜1/3)、蔵書一斉点検日(不定期)
(2)職員数 12人(一般職員4人、非常勤8人)*館長は市から派遣
(3)工事費(図書館分)3憶900万円、整備費(図書、システム改修、備品)
1億3,600万円、運営費年間5100万円(内、約4割2000万円ほどが人件費)
(4)来館者数 222,615人/年(H28/11〜H29/11)一日平均669人。
(5)貸出冊数179,991冊/年、540冊/日平均、各種行事参加者数13,517    
   人
(6)利用者の構成 大人30代53%、40代17%、20代16%、60代7%、その他7% 子ども0歳24%、3歳22%、1歳21%、6歳12%、その他21%(H29/10 利用者アンケート)
(7)来館者満足度 98%(満足、どちらかと言えば満足)
4・課題
(1) 乳幼児が本を扱うことで摩耗頻度が高い。
(2) 施設内のスペースに余力がなく混雑時の誘導、ベビーカー置き場の確保などに対応が必要。(*赤ちゃんの図書館デビュー 200人超/日)

【考察】
札幌市えほん図書館にはICチップを使った「自動貸し出し機」が設置されており、約半数の利用者が使われているとのことで、また、借りた本は札幌市内に30か所(中央、各区、区民センター)位ある自動返却BOXのどこに返しても良いとの事でした。また、BDSにより持ち出し時に処理してない時はブザーが鳴るなどの対処もされていました。
体験型活動室では「人形劇」、年齢別お話会(0歳向けでは80人ほど)、わらべ歌、手遊び、ワークショップ、タブレット端末での館内閲覧、デジタル紙芝居、お絵かきなど体験型の活動で子どもの創造力を育むなど、工夫を凝らした取り組みは学ぶべき点が多くありました。
また、こうした取り組みに市内の10団体ほどがボランティア登録をされ、個人ボランティアも登録されており、返本、修理、絵本グランプリ(創作)などのお手伝い・協力が得られているそうで、地域も協力する「市民参加型」の運営は参考にすべき点です。
館内には、こどもトイレ、多目的トイレ、授乳室が設置されていました。
開設後に気づいた点はないかと聞いたところ、「車いすが動きづらいか?」ということと、蔵書収納が2万冊(開館当初1万5000冊)が限界とのことでスペースの関係で手狭さを感じている模様でした。お忙しい中を対応頂きました池田章宏館長に心から感謝申し上げます。-完-

posted by makoto at 16:27| 日記

2018年02月19日

ふうれん冬まつり


名寄市では毎年、冬の時期に「雪を楽しむ」イベントが行われます。
2月10日から12日にかけて名寄では「雪質日本一フェスティバル」と、ギネスにも登録された「北の天文字焼き」が開催されました。
私は東小学校で同日に行われた「スノーランタン」の点火に市民の皆さんたちと一緒に参加しました。豚汁、おにぎりとても美味しかったです♪ご馳走様!
ミニオン2.JPG
ミニオン.JPG
写真:名寄のメイン雪像は、名寄駐屯地の皆さんの製作された「ミニオンの滑り台」とミニオン。

2月17日、18日には風連地区での「ふうれん冬まつり」が開かれました。
名寄市の議員協議会ではOBの皆さんたちと一緒に、毎年その年の干支の雪像と滑り台を制作しています。
今年は「戌年」なので、犬の雪像づくり…
雪像は、見るのと実際につくるのとでは大違い?で、製作は結構苦労します。
雪の塊を少しずつ削って形を整えるのですが、「ん…アンパンマンか?」「ぶただね…」「狐?」「熊だろ?」…さて、何に見えますか?
紆余曲折を経て、雪像制作に精通したOB議員の努力の甲斐あって完成!
「寒闘賞」をいただきました。
DSC00356.JPG
天候不順が心配されましたが、冬まつりメインの当日は、見事な晴天で、子どもたちが嬉しそうに滑り台で遊ぶ姿に苦労も報われた思いでした。
やってみて初めて分かることですが、一連のイベントを支えていただいた皆様に感謝し、「お疲れ様!」そして「ありがとうございました!」の言葉を贈りたいと思います。
posted by makoto at 14:51| 日記

「さくま誠市政報告・新春のつどい」終え決意も新たに!!


2月3日、多くの皆さんにお集まりいただき「さくま誠市政報告・新春のつどい」を開催させていただきました。
DSC00337.JPG
翌日の「立春」を控え、名寄市は最も底冷えする時期。
この日の朝も、気温は−20度ほど。
でも、さすがに名寄の支持者たちは、元気です。「寒くて大変でしょ」「でももうちょっとだから」みんな顔はニコニコ。
そう、後2週間ほどで温かい春を迎えることができる最後の試練。
長かった冬を、もう少しで乗り越えられるという嬉しさが勝っているんです。
そんな寒い夜…足を運んでいただいて恐縮でした。
準備した会場いっぱいの顔・顔・顔…。
今回、初参加の方々も。
菅野孝後援会長からの挨拶の後、
ご来賓の連合名寄東会長、衆議院議員佐々木隆博代議士の秘書山岡吉弘さんのご挨拶、北口雄幸道議からのメッセージ披露と続き、「ふむ…」と時計に目をやると、スタートから間もなく30分!
「あら…これは簡潔バージョンでやらなくては…」本人的にはかなり大急ぎの報告にしたつもりではありますが、どうだったでしょうか?
「平和」「憲法」「除雪」「JR」…かいつまんでのお話でした。
乾杯の時には、のどが渇いていたことでしょうね。
ビンゴゲームにじゃんけん大会。なかなかの盛り上がりでした。
楽しんでいただけたでしょうか?
ご出席いただきましたみなさん、多くのお心遣いをいただきましたみなさんに心から感謝申し上げます。
1期目も、残すところあと1年。集大成の年と心してがんばります!
ありがとうございました。
posted by makoto at 13:39| 日記